2018年経営方針

 

あけましておめでとうございます。
当社では以下の経営理念のもと、「常にお客様の立場に立ち、地域に根ざした真心のこもったサービスを提供し、その方らしい暮らしをささえるために、誠実な行動でお客様と地域社会に貢献する。」を徹底していくために以下の事に取り組みをします。

本日1月4日、朝会にて、2018年の経営方針について職員に説明いたしました。
利用者様に接する一人一人が共通の見解を持ち、一丸となって業務を遂行するよう努めて参ります。

本年もよろしくお願い申し上げます。

経営基本方針

  • お客様重視の運営
  • 企業の社会的責任
  • 法令遵守の徹底
  • 安全で安心できる業務体制
  • 各従業員の成長を企業の組織力強化

 

2018年スローガン

「変化への対応と基本の徹底」

 

なぜ変化に対応する必要があるのか?

平成30年度介護報酬改定に係る基本的な考え方として、2025年に向けて地域包括ケアシステムの推進が求められる中での改定となります。いわゆる団塊の世代のすべてが75歳以上となる2025年に向けて、介護ニーズも増大することが想定される中で、国民一人一人が、住み慣れた地域で、安心して暮らし続けられるよう、医療、介護、介護予防、住まい及び生活支援が包括的に確保される「地域包括ケアシステム」を各地域の実情に応じて構築していくことが重要との政府方針のもと、われわれも介護の領域を超えた連携・対応が必要になってきていることを理解する必要があります。

 

基本の徹底とは何か?

制度変更・業務内容に伴い業務は変化させていかなくてはなりませんが基本となる事は徹底していかなくてはなりません。介護保険制度の趣旨を理解した上で以下にあげる基本四原則を徹底する事で、結果として経営基盤が確立され、企業の収益アップは次の拡大再生産につながり、企業持続可能な発展をもたらします。

 

基本四原則

・フレンドリーサービス

・クリンリネス

・安全・衛生管理

・質の高いケアサービス

 

接客6大用語

  • いらっしゃいませ
  • はい、かしこまりました
  • 少々お待ちくださいませ
  • お待たせいたしました
  • 申し訳ございません
  • ありがとうございました

社是

誠実・真心・信頼

 

 

以上