有料老人ホームに夫婦で入居する場合の費用と注意点

有料老人ホームに夫婦で入居する場合の費用と注意点

ご夫婦で入居できる有料老人ホームを探されている方へ。ご本人が夫婦一緒に入居することを希望されていたり、高齢のご両親が心配になってきてお子さんが探されているケースが多くあります。

富士山するがテラスへも、夫婦でのご入居を検討されている方からのお問い合わせが増えております。

また、富士山するがテラスには実際に夫婦で入居されている方もいらっしゃいますので、どのような形で生活されているかについてご説明します。

有料老人ホームのご夫婦入居についての対応状況

有料老人ホームではご家族やご夫婦での入居を想定した2人部屋が用意しているところがあります。

長年連れ添ったご夫婦ですから、同じタイミングで入居できれば心強いですし、新しい環境に一緒に慣れていくことができるという意味ではメリットですね。

富士山するがテラスでのご夫婦の入居について

富士山するがテラスの居室

はじめにお断りしておきますと、弊社が運営する静岡県の富士山するがテラス(介護付き有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅)には、2人部屋の用意はございません

居室はすべて1人用を想定したものとなっています。もしご夫婦で入居される場合は、介護付きとサ高住で以下のような選択肢がございます。

富士山するがテラスの介護付き有料老人ホームの場合

介護付き有料老人ホームにご夫婦で入居される場合は、お2人で2部屋をご契約いただく必要があります

それぞれの個室を隣同志にしたいなどのご希望には、空き状況によってできるだけ添えるようにいたします。

また、2部屋のうちの1部屋を日中の生活用、もう1部屋をお二人の寝室としてベッドを2台入れてご利用いただくことは可能です。そのための家具の配置変更などは対応いたします。

富士山するがテラスのサービス付き高齢者向け住宅の場合

サービス付き高齢者向け住宅も、一般的な居室につきましては、同様にご夫婦での入居には2部屋での契約が必要です。

ただし、サ高住には一部の広めのお部屋がございますので、そちらにはお2人で入居することが可能です。ただし、お2人での入居を前提とした個室ではないことをご了承ください。

ご夫婦での入居の場合の料金

有料老人ホームに夫婦で入居する場合の費用と注意点

お二人で入居される場合の料金につきましては、2部屋ご契約の場合は通常料金の2名様分となります。

サ高住の広めのお部屋にお二人で入られる場合の料金は、お部屋に家賃に関しては1部屋分、その他の食費や介護に関する費用はそれぞれ必要になります。

料金など詳しくはお問い合わせください。状況に応じてできるだけ対応させていただきます。

同室での入居は慎重にすべき理由

老夫婦

 

ここまでご夫婦での入居についてご説明してきましたが、お二人でのご入居に関しては注意事項もございます

ご夫婦でも状況によっては別々のお部屋にされた場合が良い場合もあるんです。

・それぞれの介護度が異なる場合
・生活の変化と順応度による

介護度が異なる場合

夫婦同室の場合、介護が重い方のペースが優先されることになり、お元気な方の負担が増えることがあります。

入居されたときはお二人ともお元気でも、介護度の変化などで状況が変わる場合もございます。

そのような場合は途中からお部屋を2つに分けたり、フロアを別にするなどの提案をさせていただくこともございます。

生活の変化と順応度によるギャップ

老人ホームに入りますと、今まで夫婦一緒に過ごす時間が長くなります。

生活の変化によって、今まで気にならなかったことが夫婦間で問題になってくることもあります。

そんなとき、ご自宅のように居室に十分なスペースがなく、終始一緒に過ごすとなるといくらご夫婦でも息が詰まってしまうこともあります。

仲の良いご夫婦でも入居してから夫婦喧嘩やいざこざが増えてしまったなんてこともよく耳にします。

もしかしたら、ご夫婦でも別々の居室で過ごし、都合のよいタイミングでどちらかのお部屋にご訪問されるというスタイルの方がお互いに楽しく過ごせるのかもしれません。

ご夫婦同室は事前に話し合いを

有料老人ホームに夫婦で入居する場合の費用と注意点

 

老人ホームにご入居後、どのような暮らしをしたいか、ご夫婦でどのように生活したいかなど、事前にご家族で話し合うことが必要です。

それぞれの趣味を楽しむ時間が欲しい、社交的な方であれば別室の利用者さんと楽しく交流したいと思われるでしょう。

今まで忙しく過ごしてこられたからこそ、今後はご夫婦での時間を大切にしたいなど、望まれていることが違うかもしれません。

あくまで傾向ですが、ご夫婦での入居では、女性は集団生活への適応があり、積極的にコミュニティに入って行くことができます。反面、男性はコミュニティに入り込むことを嫌がるケースも出てくるんですね。

そのようなことも夫婦間のギャップになる可能性があります。

入居したあとに問題になる前に、入居前からお互いのギャップを認識し、お二人の希望に合うような老人ホーム選びが大切です。

ご入居後の生活のイメージができるよう、現地見学やオンライン見学をご利用ください。

富士山するがテラスについて

関連記事

  1. 【要介護認定】急に親の介護が必要になったらやるべき5つのこと

    【要介護認定】急に親の介護が必要になったらやるべき5つのこと…

  2. 介護付き有料老人ホームの費用!平均や相場が参考にならない理由

    介護付き有料老人ホームの費用!平均や相場が参考にならない理由…

PAGE TOP