静岡県富士市にオープン予定の介護付き有料老人ホームの運営責任者、西尾公雅(きみまさ)です。
松岡の富士山松岡ガーデンは入居者募集中、富士駅の南口駅前ビル富士山するがテラスは4月から入居開始します。

富士山松岡ガーデンの施設見学は、予約制にて随時受付中です!

3月になりました。
立春を過ぎ、日に日に暖かくなってきているように思います。

 

富士山松岡ガーデンでは、この1年の利用者様、利用者様のご家族、そして従業員の(そして私自身の)健康と幸せを祈って、節分の2月3日に豆まきを行いました。

昔から季節の変わり目には邪気(鬼)がやってきて、悪いことを引き起こすと言われていて、立春の前日である節分の日に厄払いの意味を込めて豆をまくようになったそうです。
穀物には魔除けの力があるとされていて、豆を投げて鬼を追い払うことで、厄払いができるといういわれです。

今回、鬼の役は私西尾と施設長の中田の2人が担当しました。
施設長は他の施設にいたときに何度か鬼をやったことがあるそうですが、私は初めて。
お面を被って「う~う~」と唸りながら2人で登場。

鬼に向かって利用者様が「鬼は外、福は内!!!」と言いながら豆を投げつけました。

しかし、なんということでしょう、私の鬼の姿が写った写真は撮られていませんでした。鬼の姿をお披露目できずに残念です。
写真は施設長です。

 

豆まきのあとはみんなで豆をいただきました。
「年の数」だけ食べると大変なことになってしまうので(笑)、ほど良い量を。

利用者様が楽しそうに豆を投げられていたのが印象的でした。
春ももうそこまで来ていますね。

 

人の可能性を信じ、人との出会いを大切にし、
人の役に立つために、日々を一生懸命頑張る。
私西尾は、人を中心にした企業経営をめざします。
私の祖父は、富士市で和洋紙の卸売業を行っていました。弊社のルーツは紙です。
ウエストトラスト・ライフサポートという社名には、紙を重ねていくように、1つ1つ信頼を積み上げていきたいという私の思いが込められています。